品保研について活動について関連リンク会員ページ  |お問い合わせサイトマップ

活動について

最新の講演会等ご案内
事業計画
基礎講座、講演会
発行資料
配布参考資料


最新の講演会ご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、弊財団をご利用頂いております東北地区の皆様を対象に、仙台事務所主催の講演会を下記のとおり開催いたします。ご多忙の折りとは存じますが、是非ご参加下さいますようご案内申し上げます。

■日時
平成30年3月7日(水)13時30分〜16時30分
(13時00分より受付を開始致します。)

■場所
仙台国際センター2F 会議室「萩」

 所在地:宮城県仙台市青葉区青葉山
 電 話:022−265−2450



地下鉄
  • 東西線国際センター駅下車
    (仙台駅より八木山動物公園方面へ約5分)
タクシー
  • 仙台駅より所要約7分
自家用車
  • 東北自動車道 仙台宮城ICから所要約10分。
    (仙台西道路経由「仙台城」方面の標識に従ってご走行ください)
■参加費用
無料

■講演テーマおよび講師
【13:35〜14:55】
『音で調べる食感評価と「おいしさ」の総合評価の事例紹介』
(一財)日本食品分析センター 名古屋支所 油脂分析課 内村 太至

日本におけるテクスチャー用語数はいくつあるかご存知ですか?
実は、400 語以上と世界一の数を誇るのです。本日はそのような「食感」について「音=振動」を利用した測定事例や特徴、従来の官能評価では難しかった食感評価へのアプローチをご紹介いたします。
また、「おいしさ」の総合的な科学的評価事例を、桃をモデルとしてご紹介いたします。


【15:10〜16:30】
『食品の消費・賞味期限の設定について』
(一財)日本食品分析センター 東京本部 技術支援課 課長 若山 裕晃

食品の消費・賞味期限は、個々の食品の特性に配慮した上で、食品の安全性、品質等を的確 に評価するための客観的な項目(微生物試験、理化学試験、官能評価等)に基づき、科学的・合 理的に設定する必要があります。本講演では、食品の期限設定に関する考え方、期限設定試験 の進め方及び期限設定のための保存試験事例について解説いたします。

■申込方法
ページ下部のお申し込み書(PDF)に必要事項をご記入の上、FAXにてお申込み下さい。(講師へのご質問のある方は申込用紙の通信欄にご記入ください。) 後ほど整理番号を記入し返信いたします。参加券は当日ご持参下さい。

【お申し込み先】
(一財)日本食品分析センター 仙台事務所 担当:松尾、櫻井
TEL:022-718-9261  FAX:022-718-9260

■申込締切
平成30年2月28日まで。
定員(220名)になり次第締切らせていただきますのでご了承ください。


■お願い/ご注意
・ご都合でキャンセルされる場合はお手数ですが速やかにご連絡いただくようお願い申し上げます。
・会場には有料地下駐車場がございますが、満車の場合は周辺有料駐車場となります。(地下鉄東西線 国際センター駅側の駐車場など)
また、地下鉄 東西線の運行に伴い、仙台駅から国際センターへのバスの運行はなくなりました。


■お問合せ先
(一財)日本食品分析センター 仙台事務所 担当:松尾、櫻井
TEL:022-718-9261  FAX:022-718-9260
E-mail:matuoy@jfrl.or.jp


【講演会のお申し込み】
講演会のお申し込みはお申し込み書(PDFファイル)よりお申し込みください。

■お申し込み書(PDFファイル)
PDFファイルをダウンロード、印刷してFAXにてお申し込みください。
PDFファイルの閲覧にはAdobe Acrobat Reader が必要です。
Adobe Acrobat Readerは、アドビシステムズ社より無償で配布されています。
Adobe、Adobeロゴ、AcrobatはAdobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。
  お申し込み書ダウンロード(252KB)

▲TOP
▲HOMEに戻る