品保研について活動について関連リンク会員ページ  |お問い合わせサイトマップ

活動について

最新の講演会等ご案内
事業計画
基礎講座、講演会
発行資料
配布参考資料


発行資料

平成16年(2004年)発行資料
SQP発行No 発行資料名著者・出典及び発行者発行月
SQP04-01[講演会資料]日時 平成16年3月10日 場所 ハートイン乃木坂
・腸内細菌プロファイル〜見えてきた腸内細菌の全貌〜
・果実の品質・鮮度保持と冷温高湿貯蔵法の開発
・独)理化学研究所 微生物機能解析室 室長 辨野 義己 氏
・(独)農業・生物系特定産業技術研究機 構果樹研究所 生理機能部品質化学研究室 室長 田中敬一 氏
3月
SQP04-02[講演会資料]日時 平成16年6月10日 場所 パルテノン多摩
・栄養表示の国際情勢
日本国際生命科学協会 国際協力委員会委員長 末木 一夫 氏6月
SQP04-03[講演会資料]日時 平成16年7月6日 場所 吹田市文化会館メイシアター
・食の安全・安心への取り組み−最近の話題から−
・最近の食中毒について(ノロウィルスを中心として)
・農林水産省 近畿農政局 消費安全部 安全管理課 課長 上野 慶雄 氏
・(財)日本食品分析センター 大阪支所 微生物部 学術顧問 仲西 寿男 氏
7月
SQP04-04[講演会資料]日時 平成16年7月23日 場所 アクロス福岡
食の安全と食品添加物─食の安全・安心を確保するには─
日本食品分析センター 学術顧問(前 武庫川女子大学薬学部 教授)(元国立衛生試験所大阪支所食品部長)薬学博士 伊藤 誉志男 氏 7月
SQP04-05[講演会資料]日時 平成16年7月30日 場所 ハアトイン乃木坂
ISO22000の概要と動向
日本食品分析センター テクニカルサービス部 部長 荒木 恵美子 氏 7月
SQP04-06[講演会資料]日時 平成16年7月30日 場所 ハアトイン乃木坂
意図的なタンパリングの防止策について
江崎グリコ(株)品質保証部 部長 宮木 康有 氏7月
SQP04-07[講演会資料]日時 平成16年7月30日 場所 ハアトイン乃木坂
食品工場における事故防止システムとトレーサビリティ
キユーピー(株)技術開発部 部長 高山 勇 氏 7月
SQP04-08[講演会資料]日時 平成16年9月24日 場所 パルテノン多摩
これから気になる食中毒と食品媒介感染症
日本食品分析センター 学術顧問 小川 益男 氏 9月
SQP04-09アメリカにおける食品安全と品質保持−バイオテロ対策も含めて−
JTC インターナショナル 吉田 隆夫 氏 10月
SQP04-10トレーサビリティのための動物個体識別上の問題点技術士(農業・生物工学)平井 輝生 氏 10月
SQP04-11[講演会資料]日時 平成16年10月27日 場所 新大阪江坂 東急イン
・HACCPシステムの国際規格化−ISO/DIS 22000作成の経緯と今後の展望−
・安心と信頼の食品表示を目指して−「特保」からアレルギー表示まで−
・日本食品分析センター 東京本部 テクニカルサービス部部長 荒木 惠美子 氏
・日本食品分析センター 東京本部 お客様相談室調査役 金谷 建一郎 氏
10月
SQP04-12[講演会資料]日時 平成16年12月15日
食品リサイクル堆肥の品質管理と作物への施用効果
財団法人 日本土壌協会 参与 古畑哲 氏12月
SQP04-13[講演会資料]日時 平成16年12月15日
食品中に残留する農薬等のポジティブリスト制について
厚生労働省 医薬食品局 食品安全部、基準審査課 課長補佐 宮川 昭二 氏12月
SQP04-14[講演会資料]日時 平成16年11月15日 場所 アクロス福岡
・食物アレルギーについて
・最近の食中毒の傾向と予防対策
・日本食品分析センター安全性事業部長 獣医学博士 佐藤 秀隆 氏
・日本食品分析センター 微生物部 学術顧問(前神戸市環境保健研究所 細菌部長)医学博士 仲西 寿男 氏
12月

発行資料 平成29年】【平成28年】【平成27年】【平成26年
  平成25年】【平成24年】【平成23年】【平成22年
  平成21年】【平成20年】【平成19年】【平成18年
  平成17年】【平成16年】【〜平成15年

▲TOP
▲HOMEに戻る